本業ではなく副業でマンション投資をする忙しい人にとっては、次々にやってくる様々な業務を処理する時間もまたノウハウもないでしょう。投資用マンションとして選ぶ「物件」が、ハードウェアだとすれば、入居者管理と賃貸管理は、マンション投資のまさに「ソフトウェア」ということができます。マンションを購入する際はこの点を充分留意しておくべきでしょう。

入居者管理と賃貸管理は専門の業者に任せた方が安全な理由

入居者管理と賃貸管理

マンション投資の最も大切なことは、入居者管理=賃貸管理の問題です

副業で不動産投資をする人にとって入居者管理と賃貸管理のノウハウはない

物件は理想的なものを選んだとしても本業ではなく副業で不動産投資をする忙しい人にとっては、次々に起こる様々な業務を処理する時間もまたノウハウもないでしょう。

不動産投資時に起こりえる様々な業務

  • 満足できる家賃を間違いなく払ってくれる人をどうして集め、審査し、契約するか
  • 入居させてからも家賃の集金、家賃滞納の場合の督促、入居中に起こる設備の故障、漏水等の偶発事故による入居者からの苦情にどう対処するか
  • 入居者が退去する時の部屋の立会点検や、損傷の償いをどうさせるか
  • 次の入居者のために内装をどの程度やり直すか。あるいは賃貸借契約の更新はどうするか

投資用マンションとして選ぶ「物件」が、ハードウェアだとすれば入居者管理と賃貸管理は、不動産投資のまさに「ソフトウェア」ということができます。マンションを購入する際はこの点を充分留意しておくべきでしょう。

アフターケアの一環として割安で管理を引き受ける業者もいる

アフターケアの一環として割安で管理を引き受ける業者もいる

物件を購入してからあわててその近隣の不動産業者に依頼しても賃借人の募集だけで後の管理はやらなかったり、管理専門の業者に依頼すると高い管理費を取られるだけで、人の身になって動いてくれなかったりします。またこの管理費も家賃の5%~7%くらいとられますので馬鹿になりません。

物件を購入する際にお世話になった売買や仲介の業者で、売ったり仲介した後のこの種の管理業務をやらない業者が多いのですが、中にはアフターケアの一環として割安で管理を引き受ける業者があります。 投資物件の購入もそんな業者を通して買えば、割安な管理のみならず物件そのものも信用おけるものを紹介するのではないでしょうか。