投資を行う場合の自己資金の部分を「頭金」といい、頭金なしをセールスポイントにしたものもありますが、実際には全く頭金のいらない不動産投資はあるのでしょうか。

頭金は必要か、必要であればいくらあればいいのかの目安

頭金は必要か

全く頭金のいらない不動産投資はほとんどない

投資を行う場合の自己資金の部分を「頭金」といい、頭金の額は「総投資額-借入金=頭金」で求められます。投資商品の中には、頭金なしをセールスポイントにしたものもありますが、実際には全く頭金のいらない不動産投資はほとんどないといっていいでしょう。

というのは、建物には消費税がかかってきますし、登記の費用などもかかりますから、これらは自己資金で用意しなければなりません。また、頭金の効果についてもよく理解しておきましょう。

不動産投資とは別に必要なお金の例

  • 建物に対する消費税
  • 登記の費用

自己資金を頭金に充当すると自己資金を借入金利で運用した場合と同様の効果が

自己資金があるにもかかわらずその分まで借り入れしたとしたら、借入金には金利がかかります。 超低金利時代といわれる昨今は、自己資金を預貯金で運用してもその運用金利はほとんど期待できません。もし自己資金を頭金に充当したら、投資物件の利回り、あるいは表面的には自己資金を借入金利で運用した場合と同様の効果が得られるのです。

かといって全額自己資金で投資をするというのもあまり得策とはいえません。税務上は、不動産投資のための借入金利子は必要経費になるからです。

投資額の10%~20%程度の頭金を用意するのがベスト

投資額の10%~20%程度の頭金を用意するのがベスト

効果的な借入金の実質金利は、投資家の所得によって異なるのですが、税務上の効果から考えれば、土地代相当分を頭金として用意し、建物代相当分を借り入れるのが最も理想的といえます。

これは、不動産所得に損失を生じても土地代利子分は損益通算が制限されているため、土地代分を借り入れても節税効果が期待できないからです。また、頭金には投資の安全性を高めるという効果があります。

したがって、少なくとも投資額の10%~20%程度の頭金を用意するというのが望ましい不動産投資といえるでしょう。