不動産投資用の資金はこうやって確保する

不動産投資用の資金はこうやって確保する

比較的投資額の少ないワンルームマンションでも1000万円ぐらいはするわけですから、全額自己資金で用意するというのは難しい相談です。そこで不足分の資金を別途調達しなければなりませんが、そのためには、まず自分の所得と資産の内容を整理する必要があります。所得は他から調達した資金(たとえば借入金など)が返済できるかを判断するうえで最も重要です。また、投資を行う前に、現在の資産と負債の状況についてもチェックします。

続きを読む

投資用物件を購入するときどんな費用がかかるか

投資用物件を購入するときどんな費用がかかるか

通常、登記手続きは司法書士に代行してもらいますので、司法書士の手数料がかかります。新築マンションの場合は表示登記のための土地家屋調査士の手数料がかかります。

続きを読む

頭金は必要か、必要であればいくらあればいいのかの目安

頭金は必要か、必要であればいくらあればいいのかの目安

投資を行う場合の自己資金の部分を「頭金」といい、頭金なしをセールスポイントにしたものもありますが、実際には全く頭金のいらない不動産投資はあるのでしょうか。

続きを読む

資金繰りが問題ないかを判断するためにこれを作ろう

資金繰りが問題ないかを判断するためにこれを作ろう

不動産投資を行った場合、資金繰りはどうなっていくのかということが最も重要ですが、それを判断するために収支計画表を作成します。 パソコンを利用して簡単に収支計画表を作成することができますが、最初にチェックしておかなければならないのが各収支項目の設定条件です。賃料や諸経費、これらの変動率などは妥当に設定されているかということです。

続きを読む

絶対に押さえておきたい金利と借入返済額の目安

絶対に押さえておきたい金利と借入返済額の目安

金融機関から投資資金を借り入れれば、必ず金利がかかります。金利は何%というように表示されますが、これを表面金利といいます。これに対して、実際に投資家が税引き後に負担している金利のことを実質金利といいます。ここでは簡単な例によって実質金利を考えてみます。

続きを読む