最初に入居者が契約に違反する代表的な行為として、「家賃滞納及び遅延」「通知なしの入居者増員及び変更」「通知なしのペット飼育」等が挙げられます。ここではそれぞれの違反行為について対処方法を記述していきます。

入居者が契約に違反する場合とクレームが上がった場合等のリスクへの対処方法

入居者が契約に違反した場合の対処方法は

家賃を滞納及び遅延した場合

入居者が賃貸借契約書に記述した期日までに家賃の支払いを行わない場合、1週間以内に電話もしくはメモ等で家賃の催促をすることを心がけることです。これが長期家賃滞納を未然に防ぐことにもつながります。

しかし、「今お金がないからXX日後に頃払う」または「家賃を払えない」と言われた場合、どうして支払うことができないのか、理由如何によっては期日を指定して支払ってもらうよう取り決めたり、連帯保証人に支払いの請求を行うべきです。

再三の話し合いでも支払いの請求に応じない場合には、後々の確実な証拠となる内容証明郵便にて支払いの請求を行い、支払いがないときには弁護士に相談することをおすすめします。

家賃滞納の場合の対処方法

  • 電話もしくはメモ等で家賃の催促をする
  • 期日を指定して支払ってもらうよう取り決めたり、連帯保証人に支払いの請求を行う
  • 内容証明郵便にて支払いの請求
  • 弁護士に相談する

通知なしの入居者増員及び変更の場合

次に通知なしの入居者増員及び変更についてですが、たしかに契約条項に違反すれば解約条項となりますが、きちんと家賃の支払いがされていると心情的に即時解約というわけにはいかず、厄介なトラブルとなってしまいます。

通知なしの入居者増員及び変更の人員の増員については、増員者の身元を調査した上で認めるかはオーナーに決定権がありますが、契約以外の入居者に変更されている場合には話しあいのもと退室してもらうことが好ましいです。

通知なしの入居者増員及び変更の場合の対処方法

  • 増員者の身元を調査した上で認めるかどうか決める
  • 契約以外の入居者に変更されている場合には話し合いのもと退去してもらう

通知なしでペットを飼育しはじめた場合

通知なしでペットを飼育しはじめたの場合

通知なしのペット飼育についてはペットを飼育するため、退室後のリフォーム代がよけいな出費となったり、近隣に迷惑をかけたりしますので、ペットの種類や性格を調査した上で、追加敷金を請求するか、絶対ペットの飼育が認められない場合には解約手続きをするしかありません。

通知なしでペットを飼育しはじめた場合の対処方法

  • 追加敷金を請求する
  • ペットの飼育が認められない場合には解約手続きをする

入居者からのクレーム

入居者からのクレーム

入居者からのクレームの内容を知ろう

まず、入居者からのクレーム事項を挙げてみましょう。基本的には内容的に生活に支障を生じる設備関係のクレームが多いといえます。

入居者からのクレーム事項

  • 設備の故障(エアコン、給湯器、電気コンロ等)
  • 近隣の騒音クレーム
  • 水圧の低下(水の出が悪い)、ウォーターハンマ(水圧により生じるパイプ内の騒音)
  • 水回りからの悪臭
  • 水漏れ及びパイプのつまり
  • 特に新築物件に多いが壁紙からのカビ発生
  • 共用部の蛍光灯切れ

クレーム処理を迅速にしないと家賃支払いをストップされることも

クレーム処理を迅速にしないと家賃支払いをストップされる

生活に支障(例えばお風呂に入れない、エアコンが使えず熱くてしょうがない)を生じることですから、入居者も大慌てで連絡してきます。それを入居者が壊したとかで、「すぐに見に行く」といって1週間も放っておくと大変なことになります。

家賃をきちんと支払っているのに貸主の義務を果たしていないと入居者は判断し、家賃の支払いをストップすることもありえます。

設備や備品には定められた耐用年数がありますので、いずれは故障したり使用不可能となります。入居者の立場に立って貸主としての義務を遂行することを心がければ、得てして厄介なトラブルにはならないでしょう。

費用がかかる場合は、賃貸借契約書に基づき貸主と入居者とで費用を負担し、部品の取りよせで時間を要する場合には、入居者に事情を説明し、理解を得られればよいのです。